マヤナッツとは

マヤの森の栄養が凝縮された、スーパーフード=マヤナッツ

栄養成分表示マヤナッツは古代マヤから伝わるスーパーフードです。

自生している熱帯林のラモンの実ですので、遺伝子組換えや農薬の不安はなく、天然100%の木の実です。

抗酸化物質など必須栄養素を多く含み、たんぱく質・ビタミン類・ミネラル類をバランスよく摂取することができます。

必須アミノ酸のひとつ、トリプトファンは、脳内でナイアシンやマグネシウムとともにセトロニンを作り出します。
(セトロニンはこころのバランスを整える作用のある、脳内の神経伝達物質です)

さらに!
食物繊維が豊富で、ナッツですが低脂肪、グルテンもカフェインもフリーです。

マグネシウムも豊富でナイアシンを含みます。

また産後の女性の母乳の分泌を促す作用があるという研究報告もあります。

真正のナッツ(堅果類)ではないので、アレルギー成分やアルカロイドは一切含まれていません。

グアテマラのスーパーフード=マヤナッツ スムージーやシリアルに

マヤナッツの栄養価

食物繊維が大変豊富。

%e9%a3%9f%e7%89%a9%e7%b9%8a%e7%b6%ad

ナッツなのに低脂肪。

%e8%84%82%e8%b3%aa

マグネシウムが豊富でナイアシンを含みます。

%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0マグネシウムが豊富でナイアシンを含みます。

トリプトファンを含む。

トリプトファン

現代人に不足しがちなミネラル(カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛)が
バランス良く含まれています。

%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%82%ab%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%a0

【出典】 マヤナッツ成分:日本食品分析センター分析証明書(2015年)
その他の食品:文部科学省 食品成分データベース(2010年)

現地の人々の声

子どものころ、大変な飢きんがあったのを覚えています。5年も続いた飢きんでした。
なにも食べるものがなかったので、みな森へ行き、マヤナッツを拾って食べました。
5年間マヤナッツ以外、ほぼ口にできませんでしたが、村の誰一人として死ななかったばかりか、病気さえしませんでした。
奇跡でした。マヤナッツがわたしたちの命を救ってくれたのです

Jose Liraさん (ニカラグア、チナンデガ県)

グアテマラの高地で過ごした子ども時代、ある時干ばつがあって、とうもろこしが全滅しました。
わたしには8人の兄弟がいて、我が家ではとうもろこしを毎日4.5kg食べていました。
とうもろこしが全くなくなってしまったので、父はラバに乗って低地へ行き、マヤナッツを数10kg持って帰ってきました。
その後数ヶ月の間、マヤナッツを食べて生き延びたのです

Rosa Maria Chocさん (グアテマラ、アンティグア)

過去50年間のグアテマラ人の栄養状態を調査したところ、
フティアパで7年間続いた飢きんの間、とうもろこしや豆の代わりにマヤナッツを食べていたことがわかりました。
飢きんの後、この地域の栄養失調のレベルは過去最低になっていました。
これはマヤナッツのおかげだったのです

Mario Leonさん(グアテマラ農務省)

※ 現地の人々の声はマヤナッツ生産者支援NGO・Mayanuts Insttitute Websiteより許可を得て転載しています。